クレジットカードの仕組み

クレジットカードという物を初心者の方にわかりやすく説明すると、商品を支払う前に受け取れる事。
いわゆるツケ払いが出来るカードの事をクレジットカードといいす。
通常のツケ払いは、飲食店などで食事をした時に、今日はお金を持ち合わせていないから、後日払いますので今回の食事はツケでお願いしますという風に、後程、支払いをする約束をする代わりに先に食事をすることです。
ツケはどこでもできるわけではありません。
初めて行くお店の場合には、素性も知らないし、次に来てくれる保証もありませんので、ツケを許してしまうと料金を回収できない可能性もあります。
その為、ツケができる条件として、常連さんだったり、近所に住んでいて昔から交流があるなど、ある程度信頼できる人にしかツケを許す事ができません。


クレジットカードはこの信頼の部分をクレジットカード業者が代わりに利用分を必ず補償してくれる約束をしている為、後日払いで商品を先に購入できるようになっています。
クレジットカードを利用した人は、支払うタイミングになった時に、商品を購入したお店に直接お金を払いません。
クレジットカード会社は、自分が購入したお店に、自分の代わりに料金を建て替えてくれていますので、クレジットカードを使用して購入した代金は、建て替えてくれたクレジット業者に対して支払う事になります。

このようにクレジットカード業者、クレジット利用者、お店は互いに関係をもちつつ商売を行っています。
初心者の方はクレジットカードの事をあまり理解せずに利用されている方がとても多く、なんらかのトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、色々調べてからクレジットカードでお買いものを楽しむ事をお勧めします。
そこで、このサイトでは、クレジットカードについて初心者の方にも覚えておいて欲しい知識を簡単にまとめてみましたので、是非、チェックして頂き、参考にしてみてください。